化粧下地の選び方(敏感肌編)

化粧下地は肌質に合ったものを選ぶ

敏感肌は、少しの刺激で肌が荒れたり、赤くなったり、トラブルが起きやすい肌質なため、ファンデーションの下に塗る化粧下地は肌質に合ったものを選ぶとよいでしょう。
化粧下地は、ファンデーションの密着効果や肌をなめらかにする整地効果、外的刺激から守る保護効果があるため、使用することでメイクノリが良くなり、きれいに仕上がります。

ミネラルファンデーションなどは、下地を使わなくてもよいものや肌にたくさん重ね塗りしなくてすむように考えられたものもありますが、下地を使用した方がより肌がキレイに見えます。
敏感肌の方は、UVカット成分が配合されているもの、保湿成分配合が入っていたり、無添加や敏感肌用と書いてあるものが良いでしょう。

敏感肌の場合は、摩擦などの刺激や添加物の配合、紫外線など、様々な事に注意する必要がありますが、化粧下地を使用しないと、紫外線により肌のバリア機能が破壊され、更に肌に負担がかかってしまったりしますから、UVカット効果は非常に重要です。
しかし、UVカット効果が高く、紫外線吸収剤が配合されている場合は、肌を刺激してしまうことがあるため、紫外線吸収剤が含まれていないものがよいでしょう。

乾燥によって角質層のバリア機能が低下し、敏感なっている場合は、保湿成分が含まれているものを使用すると肌から水分が逃げる事がなく、乾燥しにくくなります。
コラーゲン、セラミド、グリセリン、スクワラン、レシチン等は代表的な保湿成分ですから、化粧下地の成分表を確認しましょう。
商品の成分欄は、成分の量が多い順番に記載されているため、保湿成分がどの程度配合されているのか知ることができます。

ビーグレントライアル完全比較隊などのコスメサイトが多くあるので参考にするといいでしょう。