化粧下地の選び方(脂性肌編)

脂性は化粧直しを頻繁に行わなければならない

脂性肌とは、肌から分泌される皮脂が過剰であるため、メイクをすると、すぐに顔がテカってしまったり、メイク崩れがしやすいため、化粧直しを頻繁に行わなければならない肌質の事です。

メイクを長持ちさせるためには、肌質に合った化粧下地を選ぶということはとても大切な事になります。
化粧下地には、様々なメリットがあり、紫外線を防止する効果や、すっぴん肌の色をコントロールする効果があるものが多いのですが、脂性肌の場合は、皮脂が過剰に分泌されてしまうことによるテカリを防止する効果が高い化粧下地を選ぶことをオススメします。

最近は、脂性肌用の化粧下地も増えてきており、皮脂の分泌を抑える効果を持ったものがありますから、そのようなものを選びましょう。
また、クリームタイプではしっとりとしすぎてしまうため、使い心地がさっぱりとしているローションタイプの化粧下地を使用すると、ベタつきが気にならなくなり、メイクが崩れにくくなります。

化粧下地は、化粧水や乳液などの保湿ケアアイテムをつけた後すぐには塗らず、時間をおいて肌に馴染んだあとに顔に残ってしまった過剰な油分をふき取ってから使用するとノリと持ちがよくなります。
メイクアイテムは自分の肌質に合うものを探し、相性のよいものを使用することで、べたつきやメイク崩れが起こりやすかったメイクとは比べものにならない程、化粧ノリともちを実感することができますから、下地選びも非常に重要です。