化粧下地って何?

基礎化粧品の後、メイクの前に顔に塗るもの

ファンデーションを塗る前に、化粧下地を塗るとよいと言われていますが、化粧下地は様々なメリットを与えてくれます。
化粧下地とは、基礎化粧品の後、メイクの前に顔に塗るもので、クリームタイプやリキッドタイプなどがあり、少量を顔に薄く延ばして使用します。

化粧下地には、ファンデーションを肌に密着させて、化粧持ちをよくするという意味を持っています。
化粧下地を塗ることで、肌表面にある毛穴やキメを目立たなく隠し、肌を滑らかに整えることで、ファンデーションが肌へフィットする力を高めたり、紫外線や外気、乾燥などの外的刺激から肌をバリアしたり、毛穴から分泌される余分な脂分を抑えて、化粧崩れを防いだり、ファンデーションに含まれる添加物が毛穴に入り込むのを防ぐ、メイクをオフするときに落としやすくするので肌を傷つける事がない、などのメリットがあります。

また、コントロールカラーと一体になったものもあるため、下地を塗りながら肌のトーンを調整することもできます。
肌を守る意味を持っているため、化粧水や乳液を塗り、下地を塗ることで、メイクが毛穴の奥に入り込むことが減り、メイクが落としやすくなったり、様々な刺激から肌を守ることができるのです。
また、乾燥肌の場合でも安心して使用できる保湿成分の高い下地化粧もあるので、肌トラブルを起こすこともありません。
他にも、化粧下地にUVカット効果があるものもありますが、UVカット効果が無い場合は、日焼け止めクリームを混ぜて使用することもできます。

化粧下地を塗って肌がベタつく場合は、下地の塗りすぎや下地の水分をとらないままファンデーションを塗っていることもあるので、少量使用したり、水分が多い場合はティッシュなどで抑えてから使用しましょう。